今回ご紹介するツボは

風府

です。

風門」「風池」に続いて3つ目の風邪のツボですね。

この辺りの上半身は、風邪に効くツボが多いです。
扁桃腺が近くにあるし、風邪は口や鼻から入って来ますからね。

更に、
風邪は万病のもと
といいますが、
昔の人は風邪で命を落とす人も多かったはずで、
現代人よりも風邪対策に真剣だったのかもしれません。

 

風府(ふうふ)GV16

風府の場所

背骨の一番上から後頭部を触っていくと、髪の毛の生え際から少し上方に骨の出っ張り(外後頭隆起といいます)があります。
その、外後頭隆起の下縁に「風府」があります。

【ツボ】Fufu(風府)

分かりやすい場所にあるツボですね。

 

風府の効能

本格的になってしまった風邪に使います。
風邪の邪気が深く入ってしまった状態ですね。

もちろん、咳だとか、熱だとか、風邪の諸症状に対する処置と合わせて使うことになります。

動画でも話していますが、体の中心にあるツボは、重篤な症状に対応しているものが多いです。

 

だからかどうかは分かりませんが、
風府穴は、脳疾患障害の後の片麻痺に対するリハビリにも使います。

刺激はデリケートに調整する必要がありますが、上手く使えれば効果の高いツボです。

 

風府の使い方

強過ぎる刺激は危険な場所です。
風府穴のすぐ下にある「唖門」というツボは禁鍼穴(鍼をしてはいけないツボ)になっています。

動画ではツボ押し棒も使っていますが、あまりお勧めは出来ないですね。

優しい刺激を心がけてくださいね。